手数料の決定方法

ファクタリング交渉中の男性

ファクタリング手数料は以下の方法で決定します。

①3社間ファクタリングor2社間ファクタリング
②債権譲渡登記の有無
③売掛先の信頼度
④取引実績

主に上記の4項目を総合的に判断して手数料の提示を行っています。
当ページでは、上記項目について一つずつ解説していきたいと思います。

3社間ファクタリングは手数料が安い

3社間ファクタリングでは売掛先に対し、内容証明郵便等でファクタリング会社に債権が譲渡された旨を通知します。
通知を行うことで取引先は「債権が譲渡されたこと」が分かるため、誤って返済(二重に返済など)する危険性がありません。

また、3社間ファクタリングの場合ですと、ファクタリング会社側は取引先(売掛先)から直接入金を受けることができますので、債務不履行リスクを回避することにも繋がります。
“債権譲渡登記を行う2社間ファクタリング”と“3社間ファクタリングの通知”は、共に対抗要件を備えるために行う行為という点で共通しておりますが、後者の方がよりリスクが低いので手数料はより安く設定されているのです。

売掛先の信頼性が最も重要

ファクタリングは、一般的にノンリコース(償還請求なし)の条件になりますので、万が一取引先が倒産や未払いを起こしても、ファクタリングを利用した企業様に弁済義務はありません。
ファクタリング会社側は買い取った債権が最悪「ゼロ」になってしまう可能性もあるわけですから、手数料を決める際に売掛先の信頼度は非常に重要です。
したがって、以下のケースではファクタリング手数料が優遇される可能性が高くなります。

上場企業(グループ企業含む)、健康保険組合(診療報酬債権など)、大企業と称される規模を持つ未上場の大企業、取引先と長年契約を続けている

簡単に申し上げますと“倒産や未払いの可能性が低ければ低いほどファクタリング手数料は安い”です。
一方で、上場企業でも財務状況が悪い・不祥事を起こして倒産や上場廃止の危機がある等の場合ですと、手数料が高くなることが予想されます。

取引実績で信用を確認する

ファクタリングにおける売掛先の信用調査は、できることが限られています。
売掛先の決算書を見せてもらうことは難しいですし、ファクタリングは金融サービスではない特性から、企業や代表者の信用情報を確認することもできません。

そこで重要になるのが「取引実績」です。
継続的に取引を行っていることが通帳・契約書などで確認できれば、いきなり契約が解除される可能性が低いため、信頼性が高いと判断できます。

例えば、売掛先が未上場企業で2社間ファクタリングの債権譲渡登記なしを希望されている上に新規で取引する場合などは、不透明な部分が多いため、お取引をお断りさせていただく可能性がございます。
売掛先や債権買取額が同じであっても、通帳や契約書、請求書の内容など過去の取引実績の分かる資料を予めご準備いただくとよりスムーズです。

手数料の目安

ファクタリング会社によっては、ホームページで上限手数料の明記や一覧表を用意していることがあります。
「○○の条件なら△%」といった記載をすることで柔軟性を失ってしまうため、当社の場合は最低手数料しか明記していません。
なお、アンカーガーディアンでは大半のお客様に以下の条件でご利用いただいております。

3社間ファクタリング 3~10%
2社間ファクタリング 5~15%

上記の手数料は上限の目安になり、状況によってはこちらよりも高い手数料を提示する場合もあれば、最低基準まで引き下げられるケースもあります。
なお、よほど悪い条件が重なっていない限りは、2社間ファクタリングでもほとんどのケースで15%以下となります。

希望をお伝えいただけるとスムーズ

ファクタリング契約成立した男性

ファクタリングでご相談頂く際は、スピードと手数料のどちらを重視したいか先に伝えていただくと、当社からのご案内がよりスムーズになります。
アンカーガーディアンでは、業界最安を目指すよりも、品質の向上や初期費用の負担軽減など“総合力”を大きな強みにしています。

上記の手数料目安よりも良い条件をホームページで紹介しているファクタリング会社もありますが、総額で必ずしも当社より安いとは限りません。
手数料を節約する目的で他社から乗り換えるお客様や、複数社で相見積を取ってみた結果、当社を選んでいただくケースも多数あります。
ファクタリング手数料にお悩みであれば、是非弊社へご相談くださいませ。