業種別ファクタリング活用事例

ファクタリングは融資を受けられない場合の資金調達だけではなく、活用方法によって幅広い用途があります。
また、3社間ファクタリングの需要や活用方法の特徴は業種によって大きく変わってきます。
以下の業種別にファクタリングの活用事例を多数紹介しています。

ファクタリング会社側からの解説や、相談頂く内容から感じた傾向なども添えて紹介しておりますので、ファクタリングを上手に活用するヒントが見つかるかもしれません。

メリット・デメリットを把握する

ファクタリングの資料を整理する

手形取引が根強い
元請・下請の関係性を持つ

などの事業でファクタリングが多く用いられています。
それぞれ複数の活用事例を紹介しているので、現在資金繰りで悩んでいる方は、似たようなシチュエーションを探して参考にしてみてください。

ファクタリングは融資の利息よりも手数料が高い資金調達法です。
ネガティブなイメージを持っている方も多いかと思われますが、いつでもスピーディーに資金調達ができるため、費用対効果を得られるケースも多数あります。
先入観を捨て、事例からメリット・デメリットをしっかりとイメージすることが大切です。